2022.04.28

商店街から復興支援、一区切り 盛岡で5月3日最後のイベント

最後のイベント開催へ準備に当たる高橋真樹さん(前列右)ら実行委メンバー
最後のイベント開催へ準備に当たる高橋真樹さん(前列右)ら実行委メンバー

 盛岡市の大通商店街で繰り広げる震災復興支援イベント「5月3日は大通へ行こう」は10回目となる今年を最後に終了する。中心市街地のにぎわいを創出し、集めた出店料などを被災地への寄付に充ててきたが、一定の役割を全うしたと判断。52店が参加を予定し、盛大に締めくくる。

 祝日で歩行者天国となる商店街の延長約600メートルに、フリーマーケットや囲碁・将棋教室、美容や整体サービス、岩手ビッグブルズのグッズ販売などのほか、盛岡市内外の飲食店、雑貨店が出店し、世代を問わず楽しめる。開催は2019年以来。

 開催は5月3日午前11時半から午後4時。問い合わせは高橋さん(019・681・1919)へ。

◇      ◇

 記事全文は、4月28日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞