2022.04.28

陵侑選手に紫綬褒章 春の褒章

小林陵侑選手

 政府は2022年春の褒章受章者を28日付で発表し、北京冬季五輪のノルディックスキー・ジャンプ男子の個人2種目で金、銀のメダルを獲得した八幡平市出身の小林陵侑(りょうゆう)選手(25)=土屋ホーム、八幡平・松尾中―盛岡中央高=が学問や芸術、スポーツなどの功績を残した人に贈られる紫綬褒章に選ばれた。

 4年に1度の舞台でスキーの日本勢の頂点は24年ぶり。快挙を成し遂げたジャンパーは褒章を「とてもうれしく光栄」と喜ぶ。

◇      ◇

 記事全文は、4月28日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞