2022.04.24

消えたチューリップ2万株 山田の船越公園、シカ食害

約2万株のチューリップがシカに食い荒らされた花壇=23日、山田町船越・船越公園
約2万株のチューリップがシカに食い荒らされた花壇=23日、山田町船越・船越公園

 山田町船越の船越公園花壇から今月、2万株のチューリップが消えた。シカによるもので、5月の大型連休に見頃を迎えるはずだった花々を、球根ごと食い荒らした。県内では農林業被害などが増加傾向にあり、捕獲頭数を増やしても追い付かない状況だ。人間と野生動物の共生のため、より適切な個体数管理、周辺環境整備が求められる。

 30アールの花壇には、食い跡のある新芽や球根が散らばり、ふん、足跡もある。町から受託管理する住民団体BG浦の浜会(藤原長一会長)によると今月初旬、近隣住人から「シカが花を食べている」と連絡があった。初めは夕方、やがて昼間も現れるようになり、手が付けられなくなった。昨年10月に植え、つぼみを付けた約2万株のほとんどが食い尽くされた。

◇      ◇

 記事全文は、4月24日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞