2022.04.22

大谷翔平が佐々木朗希にエール 「自分も励みにしたい」

圧巻の投球で今季初勝利を挙げたエンゼルス・大谷翔平選手。試合後、陸前高田市出身の佐々木朗希投手に「頑張ってもらいたい」とエールを送った=20日、米ヒューストン(本紙特派員・菊池範正撮影)
圧巻の投球で今季初勝利を挙げたエンゼルス・大谷翔平選手。試合後、陸前高田市出身の佐々木朗希投手に「頑張ってもらいたい」とエールを送った=20日、米ヒューストン(本紙特派員・菊池範正撮影)

 【米ヒューストンで本紙特派員・斎藤孟】岩手が生んだ世界の二刀流が、日本球界の若き宝にエールを送った。20日(日本時間21日)に六回途中まで完全試合ペースの好投を見せた米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手(27)=花巻東高=は試合後、17イニング連続無安打の陸前高田市出身のプロ野球ロッテ、佐々木朗希投手(20)=大船渡高=について「頑張ってもらいたいし、自分も励みにしたい」と語った。

 大谷選手は今季初勝利を飾った敵地ヒューストンでのアストロズ戦後、取材に対応した。この日は六回1死まで走者を一人も許さない完璧な投球。佐々木投手が10日に達成した完全試合への期待も高まった。「頭にはあったが球数が多かったので、なかなか九回まではいかなかったかなと思います」と率直に振り返った。

◇      ◇

 詳報は、4月22日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞