2022.04.21

フードロス削減へ本腰 冷凍技術の向上に着手

フードロス削減へ取り組みを本格化させる安部吉弥社長
フードロス削減へ取り組みを本格化させる安部吉弥社長

 遠野市の飲食店ジンギスカンのあんべを運営する同市早瀬町の安部商店(安部吉弥社長)は、フードロス(食品廃棄)削減に向けた取り組みを本格化させる。新型コロナウイルス禍で物流が滞り、輸入冷蔵肉の提供期間が短くなったことを受け、冷凍技術の向上に着手。知見を深めるため全国的な組織に参加し、冷凍商品の新規開発も目指す。

 肉の品質維持とさらなる長期保存へ、専用の急速冷凍機を年内に導入。冷凍品の新しい価値を創造、発信する共同企業体「フローズンエコノミーラボ」が開く勉強会で冷凍や解凍の技術の知見を深め、事業者間の交流を通じて事例や運営ノウハウを得る考えだ。

◇      ◇

 記事全文は、4月21日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞