一関市藤沢町の岩手サファリパーク(千葉秀幸支配人)が、繁殖を目指して兵庫県内から受け入れようとしたキリンの雌が輸送中に死んだ。おりの中で転倒し、体勢を戻せなかったとみられる。

 キリンは、神戸市立王子動物園で2020年7月に生まれた「ひまわり」。今月12日朝に輸送用のおりに入りトラックに積まれ、同園を出発。移動中の同日午後7時半ごろ、スタッフが中を確認したところ、死んでいるのが見つかった。

 同パークによると、専門家が立ち会って解剖した結果、基礎疾患は見つからず、おりの中で暴れた形跡もなかった。体勢を変えようとして転倒した後、折り曲げた首を戻せず、呼吸不全と循環器不全で死亡したと考えられる。