2022.04.02

北上経済、支援さらに 市が第2弾キャンペーン

消費喚起キャンペーン第2弾をアピールする市職員
消費喚起キャンペーン第2弾をアピールする市職員

 北上市は1日、スマートフォン決済サービス「ペイペイ」のポイントを還元する消費喚起キャンペーンの第2弾を始めた。月に最大1万円相当が戻る仕組みで、年末年始の2カ月間に実施した初回の決済総額は5億円以上と好評。市内事業者を継続的に支え、新型コロナウイルス禍で疲弊する地域経済を元気づける。

 第2弾は5月末までの2カ月間で、北上商工会議所に委託する。ペイペイの決済額の最大20%のポイントが還元されるもので、上限は1回で5千円相当(支払額2万5千円以上)、1カ月で1万円相当(同5万円以上)。事業費は約1億3200万円を確保した。

◇      ◇

 記事全文は、4月2日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞