大型連休期間(28日~5月8日)の北海道・東北新幹線の指定席予約状況(4月17日現在)は、盛岡発着の上下線の約4割が埋まり、予約数で前年同期の約2倍の売れ行きとなっている。

 JR盛岡支社(久保公人(きみと)支社長)によると、盛岡発着で予約可能な46万2千席のうち17万5千席が埋まった。下りのピークは29日と5月3日、上りは同5日で、午前の便を中心に満席に近い。

 地震の影響で不通が続いた東北新幹線は今月14日に全線で運行を再開した。本数を通常の約9割に抑えた臨時ダイヤで運行し、予約できる座席数は例年より約3割減っている。