2022.04.17

桜まつり復活、笑顔咲く 県内、3年ぶりにぎわい

開花宣言後初の週末を迎えた北上展勝地さくらまつり。3年ぶりに屋台が復活し、多くの花見客でにぎわった=16日、北上市立花
開花宣言後初の週末を迎えた北上展勝地さくらまつり。3年ぶりに屋台が復活し、多くの花見客でにぎわった=16日、北上市立花

 県内は桜前線が一気に北上し、16日は各地の名所に花見客が繰り出した。今年は新型コロナウイルス禍で落ち込んだ人出が戻りつつあり、昨年は見合わせた桜まつりのイベントも一部で復活した。

 ただ、感染者数は高止まりしており、飲食の制限のほか、「密」が予想されるライトアップを見送る地域も。間もなく満開を迎えるエリアの観光関係者は、感染予防を講じながら誘客の巻き返しを図る。

 さくらまつり開催中のみちのく三大桜名所、北上市の展勝地。開花宣言後初の週末となった16日、多くの人でにぎわった。レストハウス周辺には3年ぶりに屋台など約40店が並ぶ。

 

◇      ◇

 記事全文は、4月17日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞