2022.04.14

花巻東高に雄星、大谷記念碑 米球宴選出を刻む

花巻東高の野球グラウンドバックネット裏に設置された記念碑
花巻東高の野球グラウンドバックネット裏に設置された記念碑

 花巻温泉郷観光推進協議会(高田貞一(さだかず)会長)は13日、花巻東高出身の米大リーガー、菊池雄星投手と大谷翔平選手の2021年オールスター戦選出を記念した記念碑を同校に贈った。

 記念碑は高さ2・4メートル、幅1メートル。両選手がオールスター戦で掲げたサイン入りユニホームをかたどったプレートと両選手から提供された手形を収めた。同校の野球グラウンドバックネット裏に設置され、自由に見学できる。

◇      ◇

 記事全文は、4月14日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞