2022.04.10

星降る極地 昭和基地で天の川観測

「見晴らし岩」近くにあるケルン越しに見上げた天の川=8日午後9時52分、南極・東オングル島(6秒露光)
「見晴らし岩」近くにあるケルン越しに見上げた天の川=8日午後9時52分、南極・東オングル島(6秒露光)

 【昭和基地で国際部・菊池健生】空気が非常に澄んだ南極は、天体観測にも適している。昭和基地では8日夜(日本時間9日)、満天の星が見られた。

 東オングル島の東岸の高台「見晴らし岩」。約1キロ離れた基地主要部の光は届かず、南極大陸に流れ落ちるように天の川がくっきり。美しい光の帯を収めようとシャッターを切った。

◇      ◇

 第63次南極観測越冬隊の活動は、岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞

関連リンク