2022.04.01

米生産、世界基準でお墨付き 国際認証「グローバルGAP」を取得

認証取得を報告する五日市亮一組合長(中央)ら
認証取得を報告する五日市亮一組合長(中央)ら

 二戸市金田一の金田一営農組合(五日市亮一組合長)は、米の栽培について、農産物の生産管理に関する国際認証「グローバルGAP」を取得した。米生産での取得は県内で初めてで、3月30日に市内で報告会を開いた。日本酒の原料にすることで輸出など国際競争力が高まり、生産・労働環境の向上で担い手確保にもつながると期待される。

 報告会には藤原淳市長や関係者ら約20人が出席。五日市組合長は「米価の下落や後継者不足など向かい風が吹くが、生産者として努力やチャレンジが必要。国際的に認められたことを誇りに、次世代の担い手を育成する土壌をつくりたい」と決意をにじませた。

◇      ◇

 記事全文は、4月1日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞