2022.03.09

久慈・三崎中、朝ラン励み栄誉 文科大臣優秀教職員表彰

毎日の全校朝トレーニング「朝ラン」に励む三崎中の生徒
毎日の全校朝トレーニング「朝ラン」に励む三崎中の生徒

 2021年度の文部科学大臣優秀教職員表彰に本県から久慈市宇部町の三崎中(松村厳寿(げんじゅ)校長、生徒20人)が選ばれた。全生徒が参加し、毎朝行っているトレーニング「朝ラン」に加えて生活習慣や食育指導にも力を入れ、生徒の体づくりのための一体的な取り組みが評価された。

 「朝ラン」は、生徒の体力づくりを目的に11年にスタート。基本的に月曜から金曜まで、午前7時半から約30分間行っている。学校周辺を走る「三崎コース」(1周2キロ)による長距離走、校庭での400メートル走、200メートル走など多彩なメニューで取り組んでいる。

 同表彰には本県から、盛岡市の城南小(読書教育の推進)、公立小中高校の4教諭も選ばれた。

◇      ◇

 記事全文は、3月9日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞