2022.03.04

じゃじゃ麺誕生秘話お届け 5日から「劇団モリオカ市民」公演

本番に向け、熱心に稽古する出演者
本番に向け、熱心に稽古する出演者

 第8回盛岡劇場「劇団モリオカ市民」公演「新版 わたしのじゃじゃ麺」(実行委など主催)は5、6の両日、盛岡市松尾町の盛岡劇場で上演される。じゃじゃ麺の誕生秘話と盛岡市のソウルフードとなるまでの感動の物語を届ける。

 同市内丸のじゃじゃ麺店「白龍(パイロン)」がモデル。満州や同市桜山地区を舞台に主人公・甲本嘉勝の屋台が人気店になるまでの物語を3部構成で描く。

 【公演日程】5日午後2時と午後7時、6日午後2時の計3回。盛岡劇場(盛岡市松尾町3の1)で。前売り券は一般1500円(当日1800円)、小中高生千円(同1300円)、未就学児は膝上鑑賞のみ無料。同劇場、カワトク、市民文化ホール、キャラホール、姫神ホールで販売中。問い合わせは同劇場内の実行委事務局(019・622・2258)へ。

◇      ◇

 詳報は、3月4日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞