古里・鵜住居で暮らす夫婦がつぶやいた「栗林の人たちに感謝を伝えたい」。その言葉をきっかけに訪れた釜石市栗林町で、これからを生きる人たちに残しておきたい事実に出合った。

 第2回は、避難者を支え続けた栗林の人々の言の葉を紡ぐ。