3月11日、古里・鵜住居を襲った黒い波は大切な人や思い出を奪った。その経験に記者としてどう向き合うか-。離れても特別であり続ける古里で、内なる思いを抱くあなたと話したい。

 第1回は、当時小学5年生だった女子大学生と言の葉を紡ぐ。