自動車用部品製造大手フタバ産業(愛知県)の子会社フタバ平泉(平泉町、資本金4億9500万円、梅村次彦社長)が敷地内に整備を進めていた第2工場が30日、完成した。30人程度を新たに地元雇用し、トヨタ自動車東日本(宮城県大衡(おおひら)村)からの受注に対応する。

 新工場は昨年8月に着工し、鉄骨平屋で延べ床面積6333平方メートル。竣工(しゅんこう)式を現地で行い、達増知事らが出席した。段階的に設備を入れ、来年1月から全面的に稼働する。