2022.03.31

県内有効求人倍率1.37倍 3カ月連続でプラス

 
 

 岩手労働局は29日、2月の県内有効求人倍率(季節調整値)を公表した。前月比0・05ポイント増の1・37倍となり、3カ月連続で前月を上回った。製造業や派遣などのサービス業で、採用意欲旺盛な状況が続いている。

 有効求人数は2万7449人(前月比2・0%増)、有効求職者数は1万9985人(同1・9%減)。新規求人数は9554人(同8・7%減)、新規求職者数は4692人(同3・6%減)だった。

 安定所別の有効求人倍率(原数値)は北上2・16倍、花巻1・85倍、一関1・72倍など全所で1倍を上回った。

◇      ◇

 記事全文は、3月30日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞