2022.03.30

千葉(一関・萩荘中出)上位目指す 世界ジュニアフェンシング

初の世界ジュニア選手権に「個人はベスト16」と目標を語る千葉穂波(仙台城南高)=一関市役所
初の世界ジュニア選手権に「個人はベスト16」と目標を語る千葉穂波(仙台城南高)=一関市役所

 来月2日に開幕するフェンシングの世界ジュニア選手権(アラブ首長国連邦・ドバイ)に、女子フルーレの千葉穂波(宮城・仙台城南高2年、一関・萩荘中)が初出場する。身長154センチと小柄ながらジュニアの国内ランキング2位。全国制覇を目指し、隣県の高校に進んだホープが着実に成長の階段を上っている。

 萩荘中3年時に年代別ワールドカップ(W杯)に出場して以来の国際舞台。個人、団体の2種目出場が見込まれ「個人はベスト16入り、団体は表彰台に上がりたい」と目標を掲げた。

◇      ◇

 記事全文は、3月30日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞