3日は桃の節句。花巻市大迫町の高鉱菓子舗(高橋秀彰代表)は郷土食「ひなまんじゅう」作りに励んでいる。

 高橋代表の四男で和菓子職人の高橋芳徳さん(36)と妻智子さん(41)が2日、作業場にこもった。うるち米の粉に熱湯を加え、混ぜ、蒸して生地に。こしあんを包み、木型で花形に整え、さらに蒸した後に赤や黄色などを施した細かい米を飾り付けた。

 菊と梅の花形をした2種類があり、3個入り389円。