2022.03.29

はんが甲子園、盛岡・杜陵高が最高賞

文部科学大臣賞を受賞した杜陵高の「トキ日和」
文部科学大臣賞を受賞した杜陵高の「トキ日和」

 第22回全国高校版画選手権大会(はんが甲子園、実行委主催)の表彰式は28日、オンラインで行われ、団体部門最高賞の文部科学大臣賞に盛岡・杜陵高の作品「トキ日和」が選ばれた。新潟県佐渡市を題材に競う大会で、県勢の最高賞は初めて。

 受賞作は美術部の唐沢歩未(あゆみ)さんと、伊藤桜さん、舞さん姉妹(いずれも定時制3年)の3人が制作。佐渡市の名物「たらい舟」に乗った女性が見上げた青空に、たくさんのトキが舞う「佐渡の理想」をシンプルに描き上げた。

 3人は3年連続で本選に出場し、3度目の挑戦で頂点に立った。今月卒業式を終えた唐沢さんは「それぞれの役割を果たし楽しく制作できた。高校生活の最後に最高の賞を取れてうれしい」と喜びを爆発させた。

◇      ◇

 詳報は、3月29日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞