2022.03.28

陵侑偉業、家族の絆 両親ら献身サポート

2度目の男子個人総合優勝に輝き、兄潤志郎選手(左から2人目)、父宏典さん(右)、母智子さん(左)と喜びを分かち合う小林陵侑選手=27日、スロベニア・プラニツァ(本紙特派員・刈谷洋文撮影)
2度目の男子個人総合優勝に輝き、兄潤志郎選手(左から2人目)、父宏典さん(右)、母智子さん(左)と喜びを分かち合う小林陵侑選手=27日、スロベニア・プラニツァ(本紙特派員・刈谷洋文撮影)

 【スロベニア・プラニツァで本紙特派員・刈谷洋文】家族の絆が新たな偉業を生んだ。ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子で27日、3季ぶり2度目の総合優勝をつかんだ八幡平市出身の小林陵侑(りょうゆう)選手(25)=土屋ホーム、八幡平・松尾中-盛岡中央高=は両親と抱き合い喜びを分かち合った。ジャンプ週間で総合優勝、北京冬季五輪は個人戦で金、銀メダルを獲得したシーズン。期待と重圧の中で心身の疲労が蓄積する終盤、日本のエースは両親らの献身的な支えを受けて戦い抜き、再び世界の頂点に立った。

 「やっと終わった」「日本に帰れる」。表彰式を終えた陵侑選手は大きく息を吐き、父宏典さん(57)=八幡平・安代中教、母智子さん(57)の元に向かった。「おめでとう」「よく頑張った」の言葉に表情をほころばせ、世界一の証し、クリスタルトロフィーを一緒に掲げた。

◇      ◇

 記事全文は、3月28日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞