2022.03.26

新幹線不通、誘客に影 県内春の観光シーズン、キャンセル相次ぐ

仙台駅発の臨時快速列車が到着し、新幹線への乗り換えなどで混み合うJR一ノ関駅のホーム。県内誘客への影響が続く=25日、一関市
仙台駅発の臨時快速列車が到着し、新幹線への乗り換えなどで混み合うJR一ノ関駅のホーム。県内誘客への影響が続く=25日、一関市

 春休みの観光シーズンが到来した県内で、誘客の大動脈となる東北新幹線の区間運休が影を落としている。

 新型コロナウイルスのまん延防止等重点措置が全面解除され首都圏などからの予約が戻ってきた矢先の地震。温泉地や観光地はキャンセルが相次ぎ、バスツアーにも影響が及ぶ。

 全線再開は4月20日前後となる見込みで、各施設は近隣からの誘客も見据えながら相次ぐ苦境を乗り越えようと奮闘を続ける。

◇      ◇

 詳報は、3月26日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞