2022.03.26

国事業化が正式決定 盛岡南道路、山田北ICフル化

 
 

 【東京支社】国土交通省は25日、2022年度の新規事業を公表し、盛岡市永井の国道46号盛岡西バイパス南端と矢巾町藤沢の岩手医大付属病院付近の国道4号を結ぶ新バイパス「盛岡南道路」(延長7・4キロ)の事業化が正式に決まった。山田町石峠の三陸道山田北インターチェンジ(IC)の「フルIC」化なども盛り込まれた。

 「盛岡南」は、市中央卸売市場と盛岡南公園の間を通るルート。事業費は約380億円。岩手医大へのアクセス向上や渋滞の解消、物流の円滑化が期待される。

 

◇      ◇

 詳報は、3月26日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞