2022.03.26

海氷渡る安全ルートに備え 昭和基地沖約1キロで工作訓練

コンパスで正確な方向を決めながら、安全を示す赤旗を立てる越冬隊員=昭和基地沖
コンパスで正確な方向を決めながら、安全を示す赤旗を立てる越冬隊員=昭和基地沖

 【昭和基地で報道部・菊池健生】第63次南極地域観測越冬隊(沢柿教伸(たかのぶ)隊長)は、昭和基地沖約1キロの海氷上で「ルート工作」の訓練を行った。

 基地がある東オングル島から南極大陸に行くには海氷を渡るため、安全なルート選定が不可欠。隊員は道具の扱い方を学び、安全行動に必要な知識を身に付けた。

 約15人が参加し、海氷の厚さの計測班とルート工作班に分かれて訓練した。アイスドリルで海氷に穴を開け、メジャーで厚さを計測。ルート作りは、コンパスで正確な方向を決めた後、赤旗を立てながら、少しずつ道を延ばした。

◇      ◇

 詳報は、3月26日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞

関連リンク