2022.03.25

お帰り、べっぴんの湯 4月11日、再オープン

新たな源泉から湧出したお湯が張られた露天風呂。再オープンに向けて準備が進む=24日、久慈市山根町・新山根温泉べっぴんの湯
新たな源泉から湧出したお湯が張られた露天風呂。再オープンに向けて準備が進む=24日、久慈市山根町・新山根温泉べっぴんの湯

 山里のいで湯が戻ってくる。源泉湧出量が激減し2019年10月から営業を休止していた久慈市山根町の新山根温泉べっぴんの湯は、4月11日に再オープンする。市による新たな掘削工事で以前と同等の強アルカリ性の源泉湧出が確認され、再開のめどが立った。16年の台風10号豪雨で大きな被害を受け、人口減少が進む山根地区のにぎわい創出の拠点として、関係者は「地域活性化につなげていく」と決意する。

 11日は大浴場と食堂の先行開業として午前10時にオープニングセレモニーを行う。宿泊棟の改修も進めており、2022年度の完成を目指す。入浴料は中学生以上480円、小学生230円、幼児無料。

◇      ◇

 記事全文は、3月25日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞