2022.03.25

北上市消防団が最高位 日本消防協会定例表彰で東北唯一

高橋敏彦市長に金色のまといを披露する高橋信博団長(左から3人目)ら
高橋敏彦市長に金色のまといを披露する高橋信博団長(左から3人目)ら

 北上市消防団(高橋信博団長、団員908人)は、2021年度の日本消防協会定例表彰で、最高位の特別表彰「まとい」を受けた。東北では唯一の選出で、県内では2年ぶり。

 23日は高橋団長(63)らが市役所で高橋敏彦市長に報告し、同表彰を象徴する金色のまといを披露。高橋市長は「日ごろの活動が認められた。市民の生命や財産を守る上での安心にもつながる」とたたえた。

 同特別表彰は1979年に創設され、毎年、全国約2200ある消防団の中で特に著しい功績が認められた10団体に授与される。

◇      ◇

 記事全文は、3月25日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞