専大北上高(阿部伸校長、生徒721人)は20日、北上市で行われたサッカー明治安田J2いわてグルージャ盛岡の県内開幕戦でマッチスポンサーを務めた。創立70周年記念の試みで、サポーターの夢をかなえる企画やサッカー教室で盛り上げた。

 試合は北上陸上競技場で行われた。男女11人のサッカーに関する夢を実現させる企画「イレブンズドリーム」では、選手らの協力を得て「ボールボーイになりたい」「プロが使うボールを触りたい」などの夢をピッチやスタンドで実現した。

 試合前のサッカー教室では、専大北上高男女サッカー部が幼児と児童約100人とミニゲームで交流。女子サッカー部の金森光莉(ひかり)主将(2年)は「楽しむことが一番大切。大きい夢を持ってプレーして」とエールを送った。