2022.03.21

雄星仕上がり順調 23日の登板へブルペン投球

 米大リーグ、ブルージェイズの菊池雄星は、室内のブルペンで35球を投げ、22日(日本時間23日)のオープン戦に向けて順調な仕上がりを見せた。

 「順調だと思う。いいオフシーズンを過ごせたのも大きい」。キャンプ3度目のブルペン投球を終えた菊池の言葉からは自信が感じられた。

 この日は動作解析を使用しながらの投球。腕の振り、体の角度、スピードなどが解析され、数値となって現れた。

◇      ◇

 記事全文は、3月21日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞