2022.03.21

復興支援の自治体応援職員、県内充足率88.2% 22年度

 
 

 東日本大震災からの復興業務を支援する、自治体の応援職員について、2022年度の県内の充足率が88・2%に上ることが県のまとめで分かった。陸前高田市、大槌町の要請34人に対し30人を確保できそうだ。

 応援要請は本県沿岸12市町村のうち2市町のみとなり、行政も自律回復期に入ったとみられるが、心のケアなどの面で、なお十分な人員を必要としている。

◇      ◇

 記事全文は、3月20日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞