2022.03.02

教訓伝承、これからも 山田高震災学習「1期生」卒業

東日本大震災の伝承について研究・提言した経験をかてに学びやを巣立った生徒=1日、山田町織笠・山田高
東日本大震災の伝承について研究・提言した経験をかてに学びやを巣立った生徒=1日、山田町織笠・山田高

 これからも先人の教えを伝える-。県内の多くの高校で卒業式が行われた1日、山田高(晴山俊校長、生徒90人)で東日本大震災の伝承に取り組んだ32人が門出を迎えた。

 津波石碑の研究や町民への取材など独自のカリキュラムを3年間受けた「1期生」で、町に提言した伝承の取り組みの一部は新年度事業に盛り込まれた。

 活動を契機に大学で防災に関わる研究を志す生徒もおり、震災を知らない世代が増えていく中、教訓の継承と町の将来を担う決意を胸に学びやを巣立った。

◇      ◇

 記事全文は、3月2日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞