2022.03.02

県、搬出制限区域を解除 久慈・養鶏場鳥インフル

 県は1日、久慈市の養鶏場での高病原性鳥インフルエンザ感染確認で設けた、鶏やふんなどの区域外持ち出しを禁じる搬出制限区域(発生農場から半径3~10キロ)を解除した。

 移動制限区域(半径3キロ)内にある、発生農場とは別の1農場で同鳥インフルエンザの新規発生の有無を調べる検査を行い、陰性を確認。国と協議し同日午後4時に搬出制限区域を解いた。

 車両消毒ポイント6カ所のうち、同区域の外縁付近に設置した3カ所は廃止した。異常がなければ、8日には移動制限区域を解除し、残る消毒ポイント3カ所も廃止する。

◇      ◇

 記事全文は、3月2日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞