九戸村江刺家の小笠原菓子舗(小笠原正蔵店主)は、村特産の甘茶を使った看板商品「甘茶でかっぽれ」の新たな味「みそチーズ味」と、「オブチキさんちのもなか」の販売を始めた。素朴で優しい味わいで、お土産などにもぴったりだ。

 甘茶でかっぽれは、甘茶あんをパイ生地で包んで焼いたお菓子。

 オブチキさんちのもなかはニワトリと卵の形をしており、見た目もかわいらしい。

 同店や、道の駅おりつめオドデ館などで販売。みそチーズ味は1個130円、もなかは2個入り500円。問い合わせは同店(0195・42・2522)へ。