サッカーの第72回県選手権兼第102回天皇杯全日本選手権県代表決定戦(県協会、岩手日報社主催)決勝トーナメントは20日、遠野市民国体記念公園サッカー場で開幕する。決勝は5月8日に紫波町の県フットボールセンターで行われ、天皇杯の本県代表が決まる。

 8チームが出場。準決勝から登場する第1シードの富士大と日本製鉄釜石が優勝争いの中心になりそうだ。本県代表は5月22日に前橋市で行われる天皇杯1回戦で群馬県代表と対戦する。

 前回優勝のいわてグルージャ盛岡は、J2クラブとして天皇杯出場が決まっており、県代表決定戦には参加しない。