県は新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、3月下旬から4月上旬に県内の高齢者施設と教育・保育施設の従事者を対象に、PCR検査を実施する。県による両施設への一斉検査は初めて。重症化リスクの高い高齢者を守り、施設で相次ぐクラスター(感染者集団)の抑止を図る。

 高齢者施設はクラスターが多い傾向にある有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅が対象。地域は同様の検査事業を実施する盛岡市を除き、介護職員ら約2300人を想定する。

 教育・保育施設は県内全域の保育士ら約1万人超を対象とする方向で調整中。