2022.03.18

陵侑、3季ぶり総合V挑む W杯ジャンプ、残り4試合

3季ぶりのW杯個人総合王者を目指すジャンプ男子の小林陵侑=3月6日、オスロ(共同)
3季ぶりのW杯個人総合王者を目指すジャンプ男子の小林陵侑=3月6日、オスロ(共同)

 【ドイツ・オーベルストドルフで本紙特派員・刈谷洋文】ノルディックスキー・ジャンプのフライング世界選手権で中断していたワールドカップ(W杯)男子個人は19日、ドイツのオーベルストドルフで再開される。

 今季は残り4試合で、個人総合争いは小林陵侑(土屋ホーム、盛岡中央高)とガイガー(ドイツ)の一騎打ちの様相だ。北京冬季五輪で金銀のメダル2個を獲得した小林陵が3季ぶり2度目の総合王者をたぐり寄せる。

◇      ◇

 詳報は、3月18日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞