久慈市は川崎町のアンバーホールでウクライナ国旗と同じ色の青と黄色のライトアップを始めた。市民にロシアの軍事侵攻を踏まえ、人道支援を視覚で訴える。21日まで。

 初日の16日夕、正面入り口左側の三角窓(高さ7メートル)が2色に照らされ、日が落ちて辺りが暗くなると闇にくっきり浮かび上がった。

 市は2006年に非核平和都市を宣言している。ロシアのウクライナ侵攻で多くの犠牲者が出ているとされ、世界平和を願って企画した。点灯は午後5時から翌日午前8時半。