2022.03.18

選手らセンバツ初戦へ闘志 花巻東オンライン会見

 第94回選抜高校野球大会に出場する花巻東の選手らは17日、オンラインで会見し、田代旭主将(3年)は「わくわく感よりプレッシャーの方が大きいが、目の前の試合を勝ち切り夏につなげられるセンバツにしたい」と誓った。

 関西地区での練習試合は失点が多かった。佐々木洋監督は「攻撃と守備は非常に良い仕上がりだが、投手陣が気になる」と不安を口にした。

 主戦の左腕萬谷大輝(同)は「無駄な四死球が目立った」と反省する。初戦の市和歌山戦に向けて「1人も気が抜けない。角度と制球力を意識してテンポ良く投球したい」と明治神宮大会の経験を生かし、聖地のマウンドに上がる。

(学年は新年度)

◇      ◇

 詳報は、3月18日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞