盛岡地方気象台は急速に発達する低気圧の影響で、19日の本県は警報級の暴風雪や大雪となる恐れがあるとして県気象情報を出した。交通障害のほか、地震で雪が緩んでいる所もあるとみられ、雪崩などにも注意を呼び掛けている。

 低気圧が本州南岸を東へ進み、三陸沖で急速に発達する見込み。18日夜から雪か雨が降り始め、海上で暴風雪、陸上で吹雪が見込まれ、沿岸北部を中心に大雪となる恐れがある。

 予想される19日の最大瞬間風速は海上で25~35メートル、陸上は内陸、沿岸ともに20~25メートル。同日午後6時までの予想24時間降雪量はいずれも多い所で、沿岸北部の山沿い30~50センチ、同平野部20~40センチ、沿岸南部の山沿い20~40センチ、同平野部10~20センチ、内陸20~50センチ。