宮城県と福島県で16日夜に最大震度6強を観測した地震の影響で運休していた県内の在来線は17日夕、一部を除き再開した。

 JR盛岡支社によると、東北線(一ノ関-北上駅間)は17日午後3時ごろに運転を再開。終日運休となった同線(小牛田-一ノ関駅間)を除き、県内の全ての在来線が復旧した。

 安全確認のため運休や遅れが発生した、IGRいわて銀河鉄道と三陸鉄道リアス線も同1時40分までに通常運転に戻った。