2022.03.16

艦砲射撃の哀歌、CD売り上げ金をウクライナへ 釜石のグループ

「翳った太陽」が収録されたCDを聞く釜石中3年生ら
「翳った太陽」が収録されたCDを聞く釜石中3年生ら

 太平洋戦争中の釜石艦砲射撃の惨禍を描いた女声合唱組曲「翳(かげ)った太陽」などを収録したCDが4月に発売される。釜石市の女性コーラスグループ翳(かげ)った太陽を歌う会(種市誓子会長)が合唱し、戦争を知らない子どもたちも参加。

 1945(昭和20)年7月と8月に甚大な被害を受けた地で歌い継がれてきた哀歌を通じ、平和の祈りと戦争の悲惨さを訴え、売り上げは義援金として戦火に直面するウクライナに送る。

 釜石中で9日に開かれた会では、胸元にウクライナの国旗色のリボンを着けた生徒らが録音した歌声を確かめた。

 CDは1枚2千円(送料は別)で販売は100枚を予定。購入希望者は事務局に電話(0193・22・1364)かメール(Yamayuri3131@gmail.com)で予約する。

 

◇      ◇

 詳報は、3月16日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞