岸田文雄首相は12日、陸前高田市を訪れ、発生から11年となった東日本大震災被災地の復興状況を視察した。終了後、記者団に「なりわいの再生に向けてしっかり支援する」と述べ、心のケアを含むソフト対策を着実に進める姿勢を示した。

 高田松原津波復興祈念公園では献花台に花を手向け、黙とう。東日本大震災津波伝承館では、戸羽太市長に続き達増知事が高齢者の多い災害公営住宅のコミュニティー形成、移転元地(被災跡地)の産業利用支援や、国際リニアコライダー(ILC)の誘致実現を訴えた。