大船渡市末崎町の末崎こども園(佐々木美穂園長、園児94人)では紅梅が見頃を迎え、春の訪れを告げている。

 園庭の中央にある紅梅は樹齢100年を超え、毎年鮮やかな花を咲かせる。今季は昨年12月中旬から咲き始め、今月に入って見頃を迎えた。同日は春の陽光が差す中、子どもたちが笑顔で見つめた。梅沢結月(ゆづき)ちゃん(4)は「ピンクがかわいい」とほほ笑み、熊谷啓示(けいじ)ちゃん(6)は「きれいに咲いてうれしい」と眺めた。