プロ野球・楽天野球団の米田陽介社長(38)は9日、陸前高田市を訪問した。6月4日にイースタン・リーグ巨人戦を行う楽天イーグルス奇跡の一本松球場を視察し「被災地の皆さんに寄り添い、野球の力で元気を届けたい」と誓った。

 米田社長は市役所で戸羽太市長と懇談後、球場を訪問。同市でのイースタン公式戦は2011年に続いて20年も新型コロナウイルス禍で中止となり「試合で子どもたちに笑顔を届けたい。今年こそ優勝をと思っており、陸前高田からも応援してほしい」と願った。