北京冬季パラリンピック第6日(9日)ノルディックスキー距離スプリント・フリーが行われ、山田町出身で女子立位の阿部友里香は12位。決勝は逃したが、準決勝では上位に食らい付いた。「レースの一つ一つにしっかり集中して、自分の力を出し切れている」と充実感に浸った。

 レース中、昨春から指導を仰いできた新田に「ガンバ、諦めるなよ」と激励を受けた。7日のレースで左脚を痛めた影響で疲労が大きかったそうだが「新田さんのアドバイス通りに滑り切ることができてよかった」とほっとした様子だった。