2022.02.06

2度目の総合優勝、小林陵侑選手を取材 デジラボで本紙記者

千葉優雅記者(右)と弦間彩華アナウンサー
千葉優雅記者(右)と弦間彩華アナウンサー

 岩手日報社の若手社員とIBC岩手放送の弦間彩華アナウンサー(25)が地域の話題を深掘りする未来型ニュースプログラム、「デジタルニュース・ラボ」。1日は、ノルディックスキー「ジャンプ週間」2度目の総合優勝を果たした八幡平市出身の小林陵侑(りょうゆう)選手(土屋ホーム)を取材した運動部の千葉優雅記者(23)が出演した。

 千葉記者は取材、執筆した紙面を携え、試合展開や現地の様子を紹介。「小林選手は強靱(きょうじん)なメンタル、空中姿勢が素晴らしかった」と振り返り、北京冬季五輪で「県勢の活躍を心から期待している」と話した。

 IBCラジオとインターネット配信は、毎週火曜日午後7時半スタート。8日は文化部の佐藤瑛子記者(37)が東日本大震災の被災地で受け継がれる郷土芸能と人々の思いを語る。

 

デジラボの情報サイトはこちらから