全国ミニバスケットボール大会(3月、東京)に県代表として初出場する好摩ミニバス少年団女子の代表3人は1日、盛岡市役所を訪れ、谷藤裕明市長に必勝を誓った。

 古川友梨主将(好摩小6年)、千葉まりなさん(同)、梅木優貴さん(巻堀小6年)が訪問。古川主将は「ディフェンスから流れをつくって得点につなげ、3連勝したい」と意気込み、谷藤市長は「全国大会はレベルが高いと思うがチーム一丸となり頑張ってほしい」と激励した。

 県予選は昨年12月、陸前高田市などで行われ、好摩ミニバス少年団が女子で初優勝。全国大会は、都道府県予選で優勝した全国の47チームが出場。リーグ戦形式で争われ、各チーム2日間で3試合を行う。優勝は決めない交歓試合としている。