2022.02.03

児童生徒 長引く待機 県内コロナ急拡大、検査滞る

 新型コロナウイルスの感染拡大で検査が殺到しているため、濃厚接触者となった県内の児童生徒らに結果が届かず、自宅待機が長引くケースが出ている。

 対応可能な検査機関の調整に時間がかかる上、全国的な拡大で県外業者の処理も遅れている。

 県は検査体制を拡充。対象をリスクの高い人に絞り込むなど現実的な運用に見直す保健所もある。

◇      ◇

 詳報は、2月3日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞