大船渡・東朋中(村上亮校長、生徒111人)は、冬休みの課題として全校生徒が自宅などで取り組んだ弁当作りの成果をまとめた用紙を大船渡市赤崎町の同校内に掲示した。生徒らはさまざまな献立を見比べながら、食への関心を高めている。

 弁当作りは、生徒一人一人が献立から調理まで手掛けた。主食、主菜、副菜のバランスなどに配慮。使った食材や、作る工程での工夫、出来上がった弁当の写真などをB4サイズの用紙にまとめた。