2022.02.28

地元3選手に町民栄誉賞 岩手町、東京五輪ホッケー日本代表

トロフィーを手に今後の飛躍を誓う(右から)瀬川真帆選手、及川栞選手、田中海渡選手
トロフィーを手に今後の飛躍を誓う(右から)瀬川真帆選手、及川栞選手、田中海渡選手

 岩手町は東京五輪にホッケー日本代表として出場した地元出身の3選手に町民栄誉賞を贈った。選手たちは育ててくれた古里への感謝を胸に、一層の飛躍を誓っている。

 3人は及川栞(しほり)選手(32)=東京ヴェルディ、沼宮内中-不来方高-天理大、瀬川真帆選手(25)=同、川口中-沼宮内高、田中海渡(かいと)選手(26)=表示灯フラーテル、一方井中-奈良・天理高-天理大。

 同町江刈内のプラザあいで26日、授与式を行い、及川、瀬川両選手や家族ら約20人が出席。佐々木光司町長が「たゆまぬ努力を続け、町民に夢と希望を与えてくれた。心技体を磨き、今後も世界の舞台で活躍してほしい」と期待し、トロフィーを手渡した。

関連リンク